財団法人無外流所属 剣新会

東京場所:高島平/東板橋/調布市/東久留米,埼玉場所:所沢市

10代〜70代まで ちょっとだけお立ち寄り下さい 見学または体験稽古&よくある質問

活動報告

2017年7月29日(土)第十三回居合道会国際大会

Point Blur_20170806_202626
7月29日(土)中央区総合スポーツセンタ―競技場において第十三回居合道会国際大会(第十七回全国大会)が開催され、海外から、全国津々浦々から多数の剣士が集結し居合の技量を競いました。

剣新会からは10名の剣士が参加しました。
入会間もない剣士も応援に駆けつけてくれました。

大会は、居合道会が主催し、主管は財団法人無外流・社団法人無外流普及協会があたり、例年通り、スポーツ庁、東京都、中央区の後援を得て盛大に開催されました。
RIMG3691

開会式の後、模範演武とすすみ、試合は初段の部から開始されました。
Point Blur_20170805_013415
本年は、中高生の部を「学童」、「若人」、「青年」の三部門に分け技量を競い、いつもにも増して活気みなぎる大会となりました。
Point Blur_20170806_142634

剣新会の剣士は、平素の稽古で積み上げた技量と精神力を存分に発揮しました。激戦の中おおいに健闘し、七段の部でTさんが準優勝でした。
Point Blur_20170806_202939

大会の結果を受け止め、明日からの稽古に活かしていて行こうと、誓い合ったのでした。
Point Blur_20170806_143414

Point Blur_20170806_124957 Point Blur_20170806_202651 Point Blur_20170806_124820 Point Blur_20170806_143414 Point Blur_20170806_124733 Point Blur_20170805_013837 Point Blur_20170806_125201Point Blur_20170806_125657 Point Blur_20170806_202848 Point Blur_20170806_202823 Point Blur_20170806_143059

2017年6月3日龍源寺坐禅会

久々の座禅会です。
梅雨入り直前の晴れやかな土曜日、港区の龍源寺へお邪魔しました。
今回の参加者は計6名。入会したてのMさん、吹毛会のKさんも初参加です。

RIMG3638_1
PSX_20170625_223102

天井の高い本堂での座禅はとても清々しい気持ちになります。
とは言うものの、体の堅い者にとっては足の痛さとの戦い。半眼でじっと座り心を無にするなんて、無理。

邪念を払うために(いや足の痛さを紛らわすために)警策で背中を打ってもらいました。
こっちも痛っ!
PSX_20170625_224702PSX_20170625_224837

RIMG3651_1RIMG3635_1
RIMG3632_1
RIMG3645_1

2017年1月28日新年稽古会

1月28日中央区総合スポーツセンターにおいて、
財団法人無外流の新年稽古会が開催され、
剣新会の剣士7名が参加しました。
RIMG3375_1
稽古会に先立ち、練士・教士・免許・免許皆伝の授与式が張り詰めた空気の中、執り行われました。

矢田中央区区長、新名玉宗 無外流・玄黄二刀流御宗家よりご挨拶を頂きました。

無外流居合形の模範演武は、本日の教士受領者7名が演武しました。
次に、無外流・神道流剣術形、玄黄二刀流居合形、玄黄二刀流剣術形と続き、締めくくりは、新名玉宗御宗家の演武でした。
RIMG3329_1
御宗家は演武に先立ち、「これから演武する形を皆さんどう受け止めますか!?」と各自の胸に問いかけました。
ご宗家の身体と刀身を自在に操る演武を観て、各自己の胸に課題を突き付けられたのでした。
また御宗家は、「稽古とは、薄い紙を一枚一枚積み重ねて技量を上げていくことです」ともおっしゃいました。

稽古会は、無級から六段位までのクラスに分かれ各先生方が指導しました。
普段指導を受ける場所長とは異なる切り口で、先生方から指導を受けることで、新たな発見があったことでしょう。
RIMG3312_1RIMG3308_1

先生方からの指導や周りの仲間のいいとこ取りをして、技量を上げて行きましょう。
RIMG3351_1RIMG3358_1RIMG3327_1RIMG3363_1RIMG3306_1RIMG3366_1

2016年12月17日板橋グリーンホール「イヤーエンドパーティー」での演武

2016年12月17日(土)板橋グリーンホールで行われた「イヤーエンドパーティー」に、剣新会の剣士8名が参加しました。

rimg3226

そのイベントは、日本の人達と日本に滞在している外国人との交流を図るための催しだそうです。

イベントの出演は、(公財)板橋区文化国際交流財団「フレンドシップクラブ仲間」のMさんに依頼されました。

Mさんは、板橋区のホームページ「生涯学習サークル(団体)紹介」を見て、剣新会を知ったとの事でした。

rimg3234rimg3216_1

出し物は、「ミャンマーの踊り」、「モンゴルの踊り」、「フルート演奏」があり、休憩の後、いよいよ我々の出番でした。

あたりは暗くなり、「真田丸」のテーマ音楽が大音響で流れる中、スポットライトを浴びてTさんの「試し斬り」に始まり、全員による「形の演武」、TさんとMbさんによる「組太刀」の三部門を披露しました。

rimg3259

「居合」を知る人は、来場者約80名の内2名ほどで、聞くのも見るのも初めての人達がほとんどという事でした。

来場した人達の脳裏には、日本の伝統文化の一つである「居合」が鮮明に刻み込まれたに違いありません。

出し物の終了後は、ボランティアの人達が作ってくれた料理を食べながら、ゲームをしたり、会話をしたりして楽しい一時を過ごしました。

YK記

rimg3237rimg3241rimg3239rimg3248rimg3240rimg3245rimg3242rimg3250rimg3249rimg3257rimg3263rimg3271rimg3270rimg3269

2016年12月11日稽古納め

rimg3213_1

2016年12月11日高島平第三中学校の武道場において、
剣新会の稽古納を実施しました。

rimg3189_1

稽古納では、足捌き、刀と身体の同調、基本の斬り、
形稽古を主に行いました。

高島平場所のT兄弟が1級と3級の昇級審査を受け、
立派な試技を見せて、それぞれ昇級しました。

また、(公財)板橋区文化国際交流財団「フレンドシップクラブ仲間」のM氏から演武のオファーを受けて、12月17日に板橋グリーンホールで演武する試し斬り、形演武、組太刀の演武順なども確認しました。

 

一年を振り返ると「新年稽古会」に始まり、「国際大会」、「剣客万来」、ご宗家稽古、北海道合宿、剣新会の合同稽古、場所長集中稽古、坐禅会参加等々枚挙にいとまがないほどです。

怪我もなく一年を収束できる安堵感の一方、会員増が成し遂げられなかった力不足も認識しなければなりません。

新たな年は、会員増を実現し、道場の壁のもっと向こうを観ながら、稽古を積み重ねて行こう、と自問自答したのでした。

rimg3181_1rimg3197_1rimg3196_1rimg3187_1

2016年12月3日龍源寺坐禅会

こんにちは、入会二年目のKです。

12月3日、恒例の龍源寺さんでの坐禅体験にいってきました!年代も仕事も性別も違う仲間と、一緒に坐禅を組めるのも剣新会の楽しみです(^-^*)

私は今回で3回目の坐禅。
だいぶ慣れてきて座り方やストレッチもお手の物です☆
img_20161203_131410

ですが、慣れが災いしたのか今回は、眠気が勝ってしまって全くダメでした…。
寝てしまうのも勿体ないし、ちょうど「師走」ということで、今年一年を振り返ることに。。

2016年、私にとっては数えで33才の本厄でした。
布多天神の厄払いから一年がスタート。
仕事や、稽古や、旅行に忙しく駆け巡りました。
春に仕事の研修で海外に行けたこと。
秋に初めて巻き藁を切ったこと、初段をいただいたこと、剣客万来では幸運にも金メダルをいただけたこと。
自分も家族もなんとか健康で、居合仲間とも暑くても寒くても稽古したり、時にはたのしくお酒を呑めたこと。
思い返せば感謝の一年です。
こうして振り返ると、ちっとも本厄らしくない!これから来るのかな…σ(^◇^;)

というところでタイムオーバーに。
心もすっきりとなりました。
年末や年始に坐禅、おすすめですよー( ・ω・)v

img_20161203_151251_1_1 img_20161203_152000_1_1 img_20161203_151430_1 img_20161203_151557 img_20161203_151416

2016年11月19日(土)第十八回剣客万来

rimg3167

2016年11月19日(土)中央区総合スポーツセンタ―において
第十八回剣客万来が開催され、
財団法人無外流一門の剣士が集いました。
剣新会からは6名の剣士が参加しました。

大会は、財団法人無外流が主催し、主管は丹新会・明思館があたり、
社団法人無外流普及協会が協賛して実施されました。

国際大会では、無外流の同クラスの方々との真剣勝負で、
体育館全体が緊張感に包まれていましたが、
剣客万来では無外流の親睦会的なお祭りで終始和やかな雰囲気でした。
とは言え開会式に続いて行われた模範演技は、真剣そのもので、
高い技術を目の当たりにして大変勉強になりました。

会派混合 基本一・二団体戦「The KIHON」では、
他の会派の皆さんとチームを組み団体戦を戦う事で親睦をはかる事ができました。
私のチーム「ななつぼし」は初戦敗退でしたが、
剣新会所属のKさんのチーム「ほほほの穂」が優勝し大いに盛り上がりました。

午後の第一競技、ケンカク秋の棒祭りは仮装による対抗戦、
剣新会はチーム「剣新会ヤッホー」として仮装棒引きに臨みました。
仮装ボーナス点は取りましたが棒得点が及ばず敗退となってしまいました。
しかし、老若男女仮装をして真面目に戦う姿はとても微笑ましいものでした

最後の競技、コバシリスト頂上決定戦、私は予選敗退でしたが、
T先生が決勝進出、役員から「大人げない」と言われながらも善戦。

剣新会、そして居合道の楽しさを改めて実感できた日となりました。
(KT記)

p_20161119_142541_025 rimg3109 rimg3127 rimg3128 p_20161119_134421rimg3129 rimg3130 rimg3132 rimg3133 rimg3134 rimg3135 rimg3138 rimg3139 rimg3148 rimg3156 rimg3164  rimg3171

2016年7月30日(土)第十二回居合道会国際大会

rimg2867
中央区総合スポーツセンタ―において第十二回居合道会国際大会が開催され、海外から、全国津々浦々から多数の剣士が集結しました。

剣新会からは過去最多の15名の剣士が参加しました。

大会は、居合道会が主催し、
主管は財団法人無外流・社団法人無外流普及協会があたり、
例年通り、スポーツ庁、東京都、中央区の後援を得て開催されました。

開会式の後、模範演武とすすみ、
試合は初段の部から開始されました。

本年も昨年同様、弐段以下の部において、敗者復活戦が実施され例年以上に活気みなぎる大会となりました。

 

小学生の部でTさんが準優勝、

弐段の部ではKさんが第三位、

七段の部ではTさんが準優勝でした。

見事に結果を残しました。

他の参加者も、平素の稽古で積み上げた技量と精神力を存分に発揮し、激戦の中おおいに健闘しましたが、入賞には届きませんでした。

大会を利用して「技量の向上を目指す」を合言葉に、
来年の第十三回大会においても更なる活躍を誓ったのでした。

rimg2819 rimg2782 rimg2767 rimg2763 rimg2751 rimg2750 rimg2744 rimg2742 rimg2737 rimg2721 rimg2707 rimg2678 rimg2663

2016年4月2日、龍源寺坐禅会

pic_201604_05 pic_201604_02

東京の人々の大多数が上野や新宿御苑へと急いだ4月2日(土)の午後、
剣新会会員は座禅会が行われる港区三田の龍源寺へと向かいました。
満開の桜や花見弁当をしりぞける強い心は持っていますが、
静かに座って何も考えないのは本当に難しいです。

今回のご報告は私Yです。
座禅の経験はありますが、久しぶりなので初めての人用の席に。
開始前の指導のもと、姿勢を正せばひっくりかえりそうになるし、
力を抜こうとすると猫背になってしまいます。
数十人の参加者が同じように座る
香の漂う広くほの暗い本堂。

遠く車の音や境内の木々の葉ずれが心地よく眠気を誘います。
もちろん入門2年のY以外の会員は既に何度も座禅会に臨んでいて
落ち着いた座りぶり。
一本の線香で20分、少し休憩してもう一本の座禅が終わり
菓子と甘茶がふるまわれました。

4月8日は花まつり。
お釈迦様の誕生日を祝って今日のお茶も甘茶です。
その後ご住職が訳されてまとめられたご本から
「教外別伝(きょうげべつでん)」についての
法話を痛い足をさすりながら伺いました。
「教外別伝」とは「達磨によって伝えられた禅は、
言葉や文字では伝えることが出来ず、
経典とは別に伝えられるものである」という禅宗の標語のひとつだそうです。

辻月丹資茂無外流剣祖も高名な禅師の元で参禅して
無外の剣理を開悟したそうですが、
我々も厳しい師範の指導を受け稽古にはげめば、
言葉では伝わらない大切なことに
いつの日か出会えるでしょうか…。

お堂を出ると少しひんやりした空気と春の花の香り。
観音堂の前の小さな誕生釈迦像に甘茶をかけて祈りました。
身も心もスッキリとして向かうのは住みたい町No.1の恵比寿。
酵母の香りに顔を紅く染めながら
春の実りある一日を時間を忘れて振り返る会員たちでした。

pic_201604_01 pic_201604_03 pic_201604_04 pic_201604_06 pic_201604_07

2016年新年稽古会

pic_20160207_01pic_20160207_02

新たな年の幕開、2016年1月16日
東京都中央区総合スポーツセンターにおいて
財団法人無外流の新年稽古会が開催されました。

開催にあたり、中央区長は
「毎年7月には、居合道会国際大会を
中央区総合スポーツセンターで開催してもらい
ありがとうございます」と挨拶されました。

無外流明思派 新名玉宗宗家は
「健康が第一、健康に留意して稽古を積み重ね、
海外の会員に遅れを取ることがあってはならない」と
挨拶されました。

演武は、無外流 居合形、
無外流・神道流 剣術形、玄黄二刀流 居合形、
玄黄二刀流 剣術形、玉心真刀流と続きました。
最後は、無外流明思派 新名玉宗宗家が
膝が悪く座技が出来ない会員の為の
五用・五箇の立技を
演武されました。

稽古会は、午前初段以下の部、
午後弐段以上の部と二部構成で実施されました。
級・段位に別れた会員は、先生方にきめ細やかな指導を
受けることが出来ました。

以上

pic_20160207_03 pic_20160207_04 pic_20160207_05 pic_20160207_06 pic_20160207_07 pic_20160207_08 pic_20160207_09 pic_20160207_10 pic_20160207_11 pic_20160207_12 pic_20160207_13pic_20160207_15pic_20160207_14pic_20160207_17 pic_20160207_16